松も枯れの原因は乾燥

枯れたと思われる木の枝を先の方から折ってみて、ポキポキと簡単に折れるようなら枯れています。弾力が残り簡単に折れない場合は、枝切ハサミで切り、切り口の中が白っぽい、茶色っぽい、水気がないと枯れています。また根がもろい感じで取れてしまう場合は、枯れています。盆栽を枯らす原因のトップは乾燥とされます。乾燥すると木は短時間で枯れます。松は乾燥にも強いとされますが、鉢の保水力がなかったり、長期間水やりをしないと枯れることになります。この他「春の乾燥した風に当ててしまった」「夏に日当たりの良い場所に置いていた」「暖房していた室内に長時間置いていた」「冬の冷たく乾燥した風に当ててしまった」などがあり、水やりだけでなく置き場所でも盆栽を乾燥させます。いろいろな理由が考えられる盆栽の松枯れについて説明していきます。

松の日照不足

松柏類を日当たりの悪い場所に置いて枯らしてしまったという事例は数が多いです。松は日当たりと風通しの良い場所に置くのが理想ですが、半日でも日が当たれば日照不足で枯れることはないとされます。ただし、全く日の当たらない場所だと光合成できず、弱ってしまいます。松は葉の形状からも見て取れるように光合成の効率が悪いので、日当たりの良い方が元気に力強く育ちます。松盆栽は、育てる時は風通しと日当たりの屋外にし、鑑賞の際に屋内に入れるというスタイルが一番と言えます。

松の根腐れ

根腐れの原因には「乾燥しないように、受け皿に水を張って鉢を置いていた」「畑の土を入れて水はけが悪くなっていた」などの事例が挙げられます。水不足や乾燥は枯れる原因になりますが、通気性が良くないと根腐れを起こしてしまいます。松類の根には白いカビのようなものが付くことがありますが、これは根腐れとは違います。健康な証拠で、樹がしっかりとし、用土や根の状態が良い時にカビのようなものが出ます。問題はないのですが、取ったからと言っても弱ることもありません。一方、根が湿っていて黒くなっている場合が問題で、ドブのような臭いがしたら根腐れです。松類は水分は少なめで大丈夫な木ですが、排水が悪いと根腐れが生じてしまいます。なるべく根土を取り、悪くなっている黒っぽい根を取り除きます。その他の根の部分はそのまま日に当てて乾燥させます。1時間ぐらいなら根をさらしたままでも問題はありません。

松の病害虫

松柏類に多い代表的な病気には、葉サビ病やすす葉枯れ病、葉ふるい病、赤斑葉枯れ病などがあります。すす葉枯れ病と褐斑葉枯れ病は、黒松や赤松、五葉松やニシキ松に見られる病気で6月頃からハッキリとした症状が現れます。すぐに落葉しないので対処が遅れがちになり、特に赤松に多い病気とされます。葉の真ん中あたりから先が褐色になり、徐々に灰褐色になり枯れてしまう病気です。この病気はカビの仲間によって引き起こされ、冬の寒害や春先の乾燥、その後に長雨が続くなどして根に障害がでた時に多く発病します。葉枯れ病の類は、病気の発症を未然に防ぐことが第一で、出来るだけ日当たりや用土の排水性を改善するなど、日頃の管理である程度防除できます。病気にかかった場合は、葉を焼却処分したり定期的な薬剤散布が大切です。黒松、赤松、五葉松共に有効な薬剤には、石灰硫黄合剤やマンネブ水和剤、キノンドール水和剤などの銅水和剤などがあります。発生前か、発生初期に定期的に散布するなどの方法があります。病原胞子の発芽抑制や組織侵入を防ぐ効果が期待できます。

枯らさない努力で愛しさ倍増

松は盆栽の中では比較的強い樹種ですが、放っておくと枯らすことになります。屋内で育てていれば、外部の病原菌やウィルス、害虫にさらされることはないと思っても、病害虫は必ずやってきます。常日頃の管理が大事となります。どんなに注意を払っていても枯れかけることはあります。少しでも兆候が見えたら、いろいろな可能性を考えて早めの対策が功を奏します。また根に関しては、水切れを起こした後、回復したように見えることがあります。しかし、根が傷んでいると、しばらく経ってから枯れることもあります。水切れを起こした後は丹念に観察を続ける必要があります。何かと手がかかる盆栽ほど、愛おしくなると言えます。