黒松の特徴

海岸沿いに多く自生しているのが黒松です。
繊細な姿の赤松を女松と呼ぶのに比べ、黒松は厳しい環境で生き抜く背景から男松と称されています。
黒松の最大の魅力はなんといっても、ごつごつとした荒々しい幹肌。
亀甲性、岩石性といった幹肌の魅力に、上へ上へと伸びる長い葉は力強さに拍車をかけます。

黒松盆栽の苗の選び方

幹の味わいが素晴らしく、盆栽の王道をいく黒松。
独特の荒れた皮がある苗を選べば将来の楽しみにつながります。
この樹種のただ一つの欠点は、長すぎる葉にあります。
木に比べ葉が長いと全体のバランスが悪くなってしまうからです。
ですから、苗を選ぶときは少しでも葉の小さいものを選ぶといいでしょう。
小ぶりの盆栽を作りたいのであれば、“寸梢クロマツ”がおすすめです。
葉の長さが2cmほどしか伸びないので、プロポーションのいい木に仕立てられます。

盆栽作りで用意するもの

○道具

・剪定バサミ(両刃)

・フルイ(1~6mmで違う目のものが3つあるといい)

・ピンセット(雑草の抜き取りなどに使う)

・細かい作業に使う菜箸や竹べら

・大小違う大きさの土入れ

・股枝切り(刃先の小さいので枝をピンポイントで切れる)

○用具

・銅製の針金(枝の太さに合わせたサイズのもの)

・仕立て用鉢(素焼き鉢や駄温鉢、5号くらいの大きさ)

・ハス口のジョウロ(小さい穴目のもの)

・鉢底用の網

黒松盆栽に合う鉢

古木を思わせるような黒松には、経過した風情を持つ泥ものの鉢が合います。
泥ものの鉢とは釉薬を塗らず焼し締めたもので、長年使い続けると古い趣が出てきます。
有名な黒松の盆栽は大抵、泥ものの鉢と合わせられています。

黒松の盆栽用土の作り方

黒松の植えつけには川砂が最適です。
水はけのよい川砂に植えた木は乾燥気味となるため荒れてきます。
この荒々しさが幹に剛直な風情を出し、素晴らしい盆栽を作り出すのです。

黒松盆栽の作り方と仕立て方

黒松はどのような樹形で作っても風格ある盆栽になります。
土の上で根が八方に広がる木を見つけたら、直幹作りに挑戦してみましょう。

① 作業に入る前は水やりをひかえ、乾かし気味の状態にしておきます。

② 苗の古い土を落とします。
菜箸や竹べらを使って土をすっかり落とし、根をほぐしましょう。

③ 根全体を水平に短く切っていきます。

④ 仕立て用の素焼き鉢に木を植えます。
鉢底の穴に合わせた網を敷き、その上に川砂を入れていきます。
砂の上に木を置いたとき、根が土の表面近くまでくるように川砂を多めに入れておくのがポイントです。

⑤ 木の根元を持ち、鉢に入れたら根を四方八方に均等に広げます。

⑥ 木を固定したまま、川砂をかけていきます。
根の間にも砂がすき間なく入るように注意しておこないましょう。

⑦ 上から砂と木をしっかりと押さえつけ、定着させます。

⑧ 植えつけ後は、たっぷりと水やりをします。
鉢底から水があふれてくるぐらいの量が目安です。

⑨ 根をいじった後は木に負担がかかっています。
風や日当たりのよいところを避け、1週間くらいは半日陰で管理します。

⑩ 寒い時期でしたら、霜のあたらない場所へ移し暖かくなるまで静かに様子を見ます。

⑪ いい直幹の樹形のためには、普段の手入れに工夫が必要になってきます。

・木が生長したら、木の頭の先端を切る。

・根を土の表面に出すようにして、荒々しい根を作る。

・どの枝にもまんべんなく日光をあて、各枝の生育を揃える。