花の咲く盆栽は四季を通じて変化を楽しむことができます。
花もの盆栽の種類と親しまれる樹種の特徴について学習します。

花もの盆栽と種類

桜、梅、レンギョウ、ハギ、エゴノキ、ノイバラなど様々な樹種があり、木の姿と合わせて色とりどりの花を楽しめるものが花もの盆栽です。

花には鮮やかなもの、可憐な小花、花色は地味でありながら素晴らしい芳香を放つものと個性があり、花の後には実がつく木が多いのも好まれる要素になっています。

サツキの花もの盆栽の特徴

花もの盆栽で一番人気のある樹種です。
樹勢の強さ、品種の多さ、仕立てやすい上に苗木も安く手に入れることができます。
また白、淡いピンク、濃いピンク、赤と青葉が美しい季節には色とりどりの花を咲かせ、秋には紅葉も楽しめる木です。

ツツジ科の半常緑低木で、豊富な品種はおよそ2000種あります。
模様木、懸崖、直幹、寄せ植え、石付きとあらゆる樹形に仕立てることができるサツキは花もの盆栽として一つは所有しておきたい盆栽です。

細かい枝と太い幹、小さい葉がついた苗木を見つけたら手に入れましょう。
水やりは花を避けながらたっぷりと与えて、春先の3月と花が咲いた後から10月まで玉肥を月に一度のペースで施します。

黄梅の花もの盆栽の特徴

2月に黄色いラッパ状の花を咲かせます。
早春に開花することで迎春花とも呼ばれる黄梅なのですが、じつは梅ではなくジャスミンの仲間です。

花に香りがないのは残念ですが虫がつきにくく丈夫な樹種なので愛好家が多いです。
幹は何年持ち越しても太りにくいわりに、根は大きくなるので石つき盆栽に仕立てるとおもしろいでしょう。

乾燥気味の環境を好み、湿気に弱いので水やりは根腐れしないようなタイミングでおこないましょう。
枝は真っすぐに伸びる性質をもっていますので、新しい枝が出たときに針金をかけ秋になったら外します。
枝の発根率は高く、どのような時期に挿し木にしても成功します。

ボケの花もの盆栽の特徴

寒い時期に開花し、花の少ない早春から楽しませてくれるボケの花もの盆栽は万人に愛されている樹種です。
赤や白、一重に二重咲きと豊富な種類があること、花の時期が長いことのほかに仕立てが簡単で丈夫という理由で初心者でも扱いやすい木とされています。

寒ボケと春ボケの2種に大別され、トゲとふちに細かい鋸歯がある楕円形の葉がついています。
白や紅色の花をつける寒ボケは1月の初めから咲き始め、春ボケは3月の上旬から4月下旬まで大輪の花が見られます。

乾燥に弱く、水を切らすと葉が落ちることがあるので、水やりの時間には配慮しましょう。
施肥は3月から10月の間におこない、月に一度玉肥を鉢のふち付近に置きます。
木の根元から若い芽が次々と出てきますので、多幹樹形の盆栽が作りやすいです。

サンザシの花もの盆栽の特徴

中国原産の落葉低木に種別され、やわらかい紅花の八重咲きが多い花サンザシと大きな白い花をつける実サンザシが盆栽では見られます。
花の後には赤い実をつけるので4~5月には花を楽しみ、9月に入ったのち実を鑑賞することができます。

短い枝に花芽がつくので剪定のときは短枝は切らないようにして、横に同じサンザシの盆栽を一鉢置くとよく受粉し実がつきやすくなります。

樹形は模様木や斜幹、懸崖で仕立てると姿がよくなるといわれていますが、名品といわれるものにも模様木、斜幹が多く見られます。
鉢土が乾いたらたっぷり水をやり、植え替え時には元肥を混ぜ、花の後には液肥を与えるようにするといいでしょう。