盆栽クリエイターって知っていますか?

盆栽は中国の唐の時代の盆景というものが平安時代に日本に伝わりその後鎌倉時代武士の間で大流行しました。

江戸時代になると盆栽=粋な趣味と言われるくらいカッコイイ趣味として親しまれ続けてきました。

盆栽と聞くとどこか年寄り臭い、お父さんやおじいさんの趣味のイメージがありますがワビザビを映し出す美しい日本古来の文化の一つとして今も受け継がれています。

海外の人からはとても人気が高く1980年代以降に海外では盆栽のことを「BONSAI」と呼ばれ、日本の文化の代表のように扱われてきたのです。

それでも、一般的には盆栽というと敷居が高く扱いにくい感じがしていましたが、最近の和モダンブームにより、

普通の人が盆栽に注目するようになったのです。

高い盆栽には手が出ないけど、リーズナブルでお洒落な盆栽を求める人が増えてきたのです。

そういえば、雰囲気のある割烹や、和テイストのお店に時々盆栽が飾られたりするのを見たことがありますよね。

気がつけば、盆栽は日常生活の中に溶け込んでいるというワケですね。

そんな中日本デザインプランナー協会認定の盆栽クリエイターが注目されています!

そんな盆栽が注目される中こんな資格も人気を浴びています。

デザイナーの地位の向上とモチベーションアップのための資格発給するための団体日本デザインプランナー協会が推奨する資格が盆栽クリエイター資格なのです。

盆栽クリエイターなんてあまり聞いたことのないこの資格、いったいどんな資格なのでしょう?

日本デザインプランナー協会認定の盆栽クリエイターは盆栽に関する知識や技術力が協会が認めるレベルに到達している人が資格を取得することができます。

盆栽クリエーター資格を取得するためには、盆栽の歴史や盆栽に使う樹種の知識、盆栽に使われる土や鉢、肥料、灌水、盆栽には欠かすことのできない苔の種類や知識などを学び習得しなければなりません。また、盆栽を美しく見せるための剪定などの知識と技術についても求められます。また、盆栽の手入れだけではなく、実際に盆栽の選び方、目利きなども身についているかどうかを試験されます。

さらには、日本だけにとどまっていない盆栽の海外での取り扱いや相場についての知識も学ぶのです。

盆栽クリエーターになるためには盆栽の知識だけにとどまらずかなり幅広い知識が必要だということですね。

そんな今人気の盆栽クリエーター資格を取得できたら盆栽を趣味でやってきた人は趣味の幅がグンと広がるほか、

盆栽クリエーターとして活躍することができるのです。

例えば、カルチャースクールで盆栽クリエータとして開講できたり、ホームセンターやイベントなどで講師として教えることもできるのです。

第二の人生に盆栽クリエーターとして活躍されてる人もいるのですよ!

日本デザインプランナー協会認定の盆栽クリエイター資格が口コミ評判が良い理由

日本デザインプランナー協会認定の盆栽クリエイターが口コミで人気なのはやっぱり資格取得後色んな道が開け自分に自信が持てた!という人が多いことは言うまでもありません。

資格を取得して認められてしかもお金まで貰えるなんて!と喜ぶ人もいるのですから。

そんな日本デザインプランナー協会認定の盆栽クリエイター資格にはもう一つ嬉しい特典があるのです。

それは、試験が家で受けられることです。

そう!日本デザインプランナー協会認定の盆栽クリエイター資格は自宅受験できるのですよね。

こんな、気軽に試験が受けられることも口コミ評判が高い理由なんですね。