全国の80%を占める盆栽生産拠点

香川県一帯の盆栽作りの歴史は古く、二百年程前に先覚者たちが瀬戸内海沿岸に自生する松を採取し、鉢植えに仕立て、販売したことに始まるとされます。その後、次第に松盆栽の人気が高まり、全国の松盆栽シェアの80%を占める日本一の生産地になっています。それゆえに四国は盆栽が盛んな地域となっています。また海外へも多くが輸出されるようになり「BONSAI」として世界中のファンから支持されています。さらに、昔から植木の生産と造園業も盛んで、盆栽の生産と共に歩み発展し続けている、世界でも類い稀な大生産地として知られています。この香川県の盆栽カフェについてピックアップしていきます。

「BONSAI Cafe」

BONSAI Cafeはイベントや出張開催オンリーとして不定期にオープンし店舗を持たないカフェというユニークなスタイルの盆栽カフェです。テーマは「BONSAI&Something」「Something」で、MUSIC、FOOD、BICYCLE、BEER、KOKEDAMAなど毎回、いろんなものと盆栽がコラボされています。場所は高松城跡の玉藻公園です。公園の心地良い空間で、盆栽のある生活を提案しています。玉藻公園の夜間開放や披雲閣庭園ライトアップなどもついでに楽しめます。盆栽トークに花が咲くカフェとして知られ、地元の盆栽愛好家や観光客に支持されています。今後、定期的オープンしたり、店舗を構えることに期待します。

「樹苑」

樹苑は、入口脇に小さめの盆栽が並んでいる盆栽カフェです。盆栽は鑑賞するだけでなく購入することもできます。客席に着く前のスペースにも様々なイプの盆栽が飾られています。目に優しく、夏ならば涼しげな気持ちになれ、リラックスさせてくれます。和カフェの雰囲気が満点で、天井の梁や壁の石などに和のテイストが漂っています。カフェなのにメニューには串カツや中華そばもあり結構売れているようです。
住所は、香川県高松市井口町4-1で、電話087-816-7351、営業時間は、8:30~15:30/18:00~21:00となっています。休みは不定休で店内には15席あります。

「ザズ プランテ エ カフェ」

ザズ プランテ エ カフェは、フランス出身の盆栽職人と奥さんが夫婦で営む盆栽カフェです。店内の至る所に盆栽やアンティーク家具があり、落ち着く空間となっています。独特の枝ぶりの松が目を引きます。季節の花物盆栽もあるようです。メニューには、ブレンドコーヒー、NYチーズケーキ、ガトーショコラ、抹茶パフェ、ほうじ茶パンナコッタなどがあります。
住所は、香川県木田郡三木町氷上1970-5で、電話087-816-8833となっています。営業時間は9:00~17:00、朝食営業、ランチ営業、日曜営業があります。定休日は金曜日、第1木曜日、第3土曜日です。最寄り駅の学園通り駅から1649m。

和テイストの盆栽カフェが似合う土地柄

香川県は比較的に災害が少なく、都市の利便性と豊かな自然が調和しているので、盆栽の生産と販売に適しています。また讃岐うどんも有名ですが造園業や盆栽業が盛んな香川県なので、植物とカフェが一体化した店は多いのですが、盆栽に特化しているところは、意外に少ないようです。しかしいずれも店に特徴があり、リピーターが多いとされます。外国の盆栽愛好家が、訪れたい場所として挙げると必ず上位に入る香川県。ファッションビルにありそうな洋風でオシャレな作りの盆栽カフェというよりは、日本民家の作りを模しているような、和風の落ち着いた盆栽カフェが多く見られます。展示されている盆栽もミニ盆栽よりも小品盆栽と呼ぶに相応しいものが飾られています。メニューでは、やはり抹茶ベースのものが見られるようです。今後も観光地化が進み、盆栽カフェも増えそうな気配があると言えます。