震災を契機に街づくり

盆栽町は、1923年(大正12年)の関東大震災で被災した東京小石川周辺の盆栽業者が、この地に移住し形成されました。盆栽業者たちは、煤煙などで汚染された都心を離れて、盆栽栽培に適した広く、清涼な水や空気のある土地を新たな拠点としました。まず盆栽業者たちが、目をつけたのが関東ローム層の良質な赤土に恵まれ、草深い武蔵野の山林地帯であった北足立郡大宮町・大砂土村の町村境付近です。この一帯の土地を購入し、近い将来に自動車が普及することを考え、当時としては過剰に広い区画道路を碁盤の目に整備しています。道の両側にはさくら、もみじ、かえで、けやきなどの木々が植えられています。街づくりを趣旨として、移住者に対し盆栽を十鉢以上を保有し、建物は平屋に限り生垣にするなどの条件をつけています。この盆栽の聖地となっている盆栽町について説明します。

盆栽町発展の歴史

1925年(大正14年)頃、東京から移り住んだ数軒の盆栽業者が盆栽育成に努力をすると、地元の業者や愛好者も影響受けて移り住むようになりました。1928年(昭和3年)には盆栽村組合が結成され、住民協約が結ばれています。これは、盆栽を10 鉢以上を持つこと、門戸を開放し、いつでも誰でも見られるようにすること、他人を見下ろし、日陰を作るような二階家は作らないこと、ブロック塀を作らず、家の囲いは全て生け垣にすることとなっています。1929年(昭和4年)の総武鉄道開業で大宮公園駅が至近となり、開村後20年足らずで盆栽村と周辺を合わせて30軒の盆栽園が開かれました。1940年(昭和15年)11月の町村合併により旧大宮市が成立し、それまで大宮・土手宿・西本郷・土呂に分かれていた盆栽村一帯をこれらの地域から分離して、全国初の「盆栽町」とし、以後正式な住居表示として使用されています。1940年代に第二次世界大戦が勃発すると、盆栽は贅沢品とされ軍や周辺町村から嫌われ圧力がかかり、兵役などによって廃業が相次ぎます。しかし陸軍元帥寺内寿一の庇護のもと細々と盆栽園の営業を続け、終戦を迎えました。戦後も、沿道の樹木が燃料として伐採され冷遇されましたが、米軍の爆撃調査団が大宮を訪れた際、盆栽の芸術性が高く評価されています。その後、戦後復興と共に盆栽愛好家が再び増加し、経済成長により観光客の来訪も増え、活気を取り戻しました。

数が減る盆栽園

近郊住宅地化する盆栽町は、地価高騰や相続税問題などが原因で廃業する盆栽園が続出し、最盛期に30軒ほどあった盆栽園は数件となっています。次に挙げる盆栽園が代表的なものとなっています。「芙蓉園」の園主は竹山浩氏。「雑木の芙蓉園・寄せ植えの芙蓉園」と称され、雑木盆栽と寄せ植えに力を入れています。雑木には色々な樹種があり、春の新緑、秋の紅葉や実り、冬の枝振りと四季を通じて楽しめるものを揃えています。これを寄せ植えにすれば、林の風景を作り出すことが出来ます。また松柏が男性的なのに対し、雑木は女性的でしなやかで柔らかな風情が楽しめるとされます。「九霞園」の園主は村田勇氏。江戸時代の浮世絵などにあり、当時の人たちが愛でていたような多種多様な植物の得意添え草をはじめ、外来植物や園芸植物など300種を越える盆栽を培養しています。それらの盆栽をより自然に見せるため、鋏の入れ方にもこだわりをもって手入れしています。「藤樹園」の園主は浜野博美氏。盆栽を育てることが楽しめるように、一般の人を対象とした盆栽教室を1966年から開催しています。身近な盆栽として知られる人気の五葉松や小品盆栽を数多く手がけています。ペットを育てるような気持ちで盆栽の声を聞きながら、代々大切に育てて欲しいとのことです。「清香園」は人気盆栽家の山田香織氏が園主。江戸で嘉永年間に創業し、1943年に大宮盆栽村に移った由緒ある盆栽園です。江戸前の技を大切にし、季節感や風流、味わいのある洗練された美を追究しています。オリジナルの彩花盆栽は、古瓦に草木が自然に芽吹いた様子に心惹かれ考案したとされます。伝統の松柏盆栽とあわせ、末永く後世に伝えることを使命としています。「蔓青園」の園主は加藤初治氏。大宮盆栽村の中で最も古い1925年の開園です。蝦夷松をはじめ、あらゆる種類の盆栽に深みのある景色を作り出す創作盆栽を得意としています。山の風情や林の風情、深山幽谷の景色や詫び・寂びなどには、創作した人の気持ちが込められているとされます。手入れを怠らず、何十年と続く景色を形作ることを旨としています。

盆栽独特の雰囲気がある

さいたま市北区南部にある盆栽町。1965年(昭和40年)に日本盆栽協会が発足した際、村内の道路に植えられた樹木ごとに「さくら通り」「やなぎ通り」「かえで通り」「けやき通り」「もみじ通り」「しで通り」の名前がつけられています。2008年(平成20年)には「大宮の盆栽」がさいたま市の伝統産業に指定されています。時代の波にもまれていますが、盆栽業者と盆栽愛好家が集まる村を目指して作られた経緯があり、稀有な存在です。また
国際行事の際には、日本文化や日本芸術としての盆栽を展示する、または寄贈するという習慣もあり、世界的な盆栽普及に貢献しています。盆栽独特の雰囲気が漂う地域として世界的にも注目されています。今後も盆栽の灯を絶やさないようにしたいものです。