盆栽の魅力を引き出す盆栽鉢

常滑焼とは、愛知県の常滑市やその周辺を含む地域で焼かれる陶器を指します。日本六古窯の一つとして知られ、その歴史は長く、平安時代末期から様々な物が作られてきました。常滑焼で代表される物は、土管・タイル・衛生陶器・植木鉢などです。この他、朱泥急須を代表する茶器を始め、食器や花器、招き猫や干支置物も数多く作られています。特に常滑焼の盆栽鉢は人気があり、盆栽に適した美しいフォルムで、艶やかさと渋味をバランス良く演出します。身近に目にしている陶器ですが、知っているようで意外に知られていないこの常滑焼の盆栽鉢について説明します。

常滑焼の産地としての地理的存在

常滑焼は愛知県常滑市とその周辺で作られ、中世焼締めの六古窯に分類されています。焼き物の産地としては、日本最古と言われ、その歴史は900年になります。この地域は古くから鉄分を含んだ滑らかな粘土が取れることで有名で、「なめらかな床」が常滑焼という名の由来になっています。鎌倉時代以降、盛んに焼かれ、一大生産地となっています。現在では、常滑焼の小売店が集まる陶器村として常滑焼セラモールが、中部国際空港セントレアの近くにあり、愛知県の観光スポットとしても内外から多くの人が訪れています。食器や花器、植木鉢などいろいろありますが、盆栽鉢も数多く見られるのが特徴的です。

常滑焼の歴史

常滑焼は日用品に多く見られ、中世から、圧倒的な規模で全国に販路を拡大しています。安土桃山時代には、他の多くの産地が茶の湯の流行に乗り、茶陶を焼き始めましたが、常滑焼は日用雑器を作り続けていたとされます。織田信長の命により、一時陶器生産が危ぶまれた時期もありましたが、常滑焼は伝統を守り抜くことができました。江戸時代になると、真焼けの陶芸品が加わり、江戸末期には土管や朱泥茶器などが作られるようになり、幕末期には新しい技法を積極的に生み出していき、盆栽鉢にも反映されていったとされます。明治時代には西欧の技術が導入され機械化が始まり陶管、焼酎瓶、煉瓦タイル、衛生陶器などの生産がはじまり近代産業化が図られています。

常滑焼の特徴

常滑焼で有名なのは、鮮やかな朱色が特徴的な朱泥焼ではないでしょうか。これは鉄分が豊富な土を低温の酸化炎で焼き締めることで、美しい朱色が現れるものです。中国の技術を組み入れた朱泥急須は今でも人々に広く愛用されています。使い込めば使い込む程に光沢を増していき、深みのある陶器です。常滑焼は明治・大正期になると、産業用陶器の大規模生産に乗り出して行きます。土管やタイルを作り始めたのもこの頃で、汽車が走る線路下に埋設しても壊れない、丈夫な土管を作ることに成功しています。このことから丈夫な盆栽鉢も作られるようになりました。

日本が誇る常滑焼

常滑焼は、名器は生まれなくても日本が誇る焼き物の一つと言えます。常滑焼の土は粒が細かく滑らかなため、大きな壷や盆栽鉢を作るのに大変適しています。しかし、焼き物を作る際に一般的によく使われるろくろや釉薬はあまり使用しないとされます。一部分だけろくろを使い、あとは粘土ひもで成形するのが一般的です。一見すると原始的にも見える手間のかかる行程が、常滑焼の丈夫で力強い風格を生み出していると言えます。焼いている間に降り掛かる灰は自然釉となり、独特の質感を作り出します。長年日用品用に作られたため、名器は生まれないのですが、その素朴さと重厚感は日本の焼き物作りに大きな影響を与えています。 現在、常滑焼は様々な形で私たちの身の回りにあります。特に重厚で落ち着いた雰囲気を好んで、盆栽鉢にこの常滑焼を選ぶ人が多いとされます。色・形も様々で、背丈が低く口が広いものも多くあり、容易に盆栽の姿が想像できるのが特徴的です。