日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品や料理技術の知識が一定以上の水準にあることを認定するための機関で、その認定を受けることにより、食品や料理といった分野で技術者として求められる知識があることを証明でき、その人物の社会的評価を高め、企業側に対しては応募者の採用に際して評価しやすい尺度を提供することに寄与しています。

また、この協会の資格試験を受験する機会を提供することで、各現場における人材の能力向上にも貢献しており、食品・料理業界の人材育成にも役立っています。

日本安全食料料理協会の試験について

この協会の試験はインターネットで受験申込をすることができます。この協会の公式ホームページから申し込むと、解答用紙が送られてきます。試験の解答はその用紙に書き込んで後日郵送します。受験料は解答用紙と代引きで支払うことができます。見事合格をすると、合格認定証や認定カードを発行してもらえます。

試験は在宅ですので、全国各地で受験をすることができ、忙しい社会人や主婦には好評の試験となっています。

日本安全食料料理協会の資格試験

日本安全料理協会の資格試験は沢山あります。以下ではこの協会の代表的な資格試験についてご紹介します。

・コーヒーソムリエ認定試験

コーヒーソムリエ認定試験は、美味しいコーヒーをいれる方法を身に着けることを目的とした試験で、コーヒー豆の知識から、焙煎、抽出方法、オリジナルブレンドのスキルを学び、その知識を有していることを認定する試験です。

・カフェオーナースペシャリスト認定試験

カフェオーナースペシャリスト認定試験は、カフェを経営するために必要なことを学び、それを実用として応用できる知識を有していることを認定する試験です。この試験に合格することで、自宅やカルチャースクールなどで講師をすることができます。

・紅茶アドバイザー認定試験

紅茶アドバイザー認定試験では、茶葉の知識、カップとソーサー、美味しい紅茶の入れ方などの知識を有していることを認定する試験です。この試験に合格することで、カフェの経営はもちろん、自宅でのパーティーのおもてなしに役立てることができます。

・ワインコンシェルジュ認定試験

ワインコンシェルジュ認定試験は、ブドウの品種に関する知識や、ワインの基本的な情報をマスターしていることを認定する試験で、この試験に合格することで、酒類製造、販売、流通、サービス業の分野で活躍することができます。

・ハーブライフインストラクター認定試験

ハーブインストラクター認定試験では、ハーブの知識を身に着け、ハーブの効果で豊かな生活を促進できるスキルがあることを証明できます。試験合格後は食品業界全般で活躍することができ、ハーブセラピストとしても活動することができます。

・薬膳調整師 認定試験

薬膳調理師認定試験は、薬膳の知識全般を身に着け、漢方の観点から食材の効能の知識を有している人に与えられる資格で、資格試験取得後は、薬膳専門店での就職を目指すことができます。

日本安全食料料理協会の口コミ・評判

日本安全食料料理協会の資格試験の口コミ・評判は、食品や料理の業界にいる人には大変好評です。特にコーヒーソムリエ認定試験は、カフェオーナーやこれからカフェを開きたい人、またカフェに勤務をしている人が、自分のスキルを高め、試験に合格することでその能力を証明でき、仕事で自信を持つことができると話しています。

その他、紅茶やワインの認定試験なども同様に評判は高く人気を集めています。

料理・食品業界は、分野によっては能力証明の機会が少ないという事情がありますが、この協会の認定試験に合格することで、自分独自のスキルの証明が可能となり、就職や開業にも役立ち、キャリアアップの一助とすることができます。気になる資格があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。