埼玉の人気観光スポット・大宮盆栽村の魅力に迫る

盆栽鉢と植物、ふたつの美による共演を楽しむ盆栽。今や老若男女、そして国内外を問わす多くの愛好家がいます。そんな盆栽愛好家にとって、聖地となっているのが、埼玉県にある「大宮盆栽村」です。

多くの盆栽が見られることや、町並みが美しいことから、これまで盆栽に縁がなかった人も興味を持ち、連日多くの人が足を運んでいます。もはや埼玉を代表する人気観光スポットです。

ここでは大宮盆栽村の歴史や魅力について解説していきます。

大宮盆栽村・誕生の歴史について

大宮盆栽村が誕生したのは、今から約90年前の大正14年にあたる、1925年のことです。明治時代以降、盆栽の仕立てを専門にした職人が増え始め、とりわけ東京都文京区千駄木の団子坂周辺には、盆栽職人が多く住んでいました。

しかし1923年(大正12年)9月に関東大震災が発生。団子坂周辺に住む盆栽職人たちも住む場所を追われてしまします。そんな彼らが新たな活動の場としたのが、現在の埼玉県さいたま市なのです。

新たな土地で盆栽職人たちは、盆栽の育成に適した土壌を一から築き上げていきました。そして1925年には、盆栽職人たちの共同自治団体によってこの地域に「大宮盆栽村」という名前が付けられました。

1935年には最盛期を迎え、当時は約30もの盆栽園があったといわれています。

大宮盆栽村の魅力とは?

大宮盆栽村の町並みは、今もなお開拓した人たちの知恵と伝統を引き継いでいます。道幅は開拓当時のまま保存され、道に沿って、もみじや桜、かえで、けやきといった四季折々の美を楽しめる植物が植えられています。町の区画はほぼ碁盤の目状に造られているのも特徴です。通りにはそれぞれ「もみじ通り」など名前も付けられており、散策するだけでも十分に楽しめます。

現在、大宮盆栽村では6つの盆栽園が営まれており、上級者も魅了する名品盆栽が数多く販売されています。園内の景観も見ごたえがあり、大宮盆栽村が生まれた当時の面影を感じることができます。

さらに大宮盆栽村には、盆栽四季の家という訪れた方のくつろぎの場があります。どなたでも自由に利用できる無料の休憩室があるほか、事前予約をすれば茶会や会合などに和室を利用することもかのうです。なお、こちらは有料となります。

大宮盆栽村がとくににぎわうのが、「大盆栽まつり」です。例年、5月上旬(3日~5日ごろ)に開催され、まつりシーズンには、全国の盆栽愛好家が集まります。

大宮盆栽村にある盆栽園

①九霞園
さいたま市北区盆栽町131
Tel:048-663-0423

②清香園
さいたま市北区盆栽町268
Tel:048-663-3931

③藤樹園
さいたま市北区盆栽町247
Tel:048-663-3899

④芙蓉園
さいたま市北区盆栽町96
Tel:048-666-2400

⑤蔓青園
さいたま市北区盆栽町285
Tel:048-663-2636

大宮盆栽村までのアクセスは?

大宮盆栽村へのアクセスには、電車が便利です。JR宇都宮線「土呂駅」東口からは徒歩5分、東武アーバンパークライン「大宮公園駅」からは徒歩10分となっています。