父の日や母の日にはお菓子や花束を届けるのが定番です。高価な品物や旅行をプレゼントするとなおさら喜んでくれるかもしれません。次の父の日と母の日に盆栽を贈ってみませんか?和風小物もステキですが、「THENIPPON」な盆栽は贈り物にもぴったりです。東京オリンピックで世間も盛り上がってきているいま、日本文化を見直す意味でも盆栽を贈ってみてはいかがでしょうか。通信販売を利用するとメリットもありますよ。

盆栽を育てたことがないご両親に

一番気にかかるのは「盆栽なんて育てたことがないのに」ということでしょう。働きづめだったご両親なら植物などには目もくれなかった方が多かったかもしれません。実は盆栽は観葉植物や草花のように「あっという間に枯れた」というようなことが起こりにくいのです。
まずは草本(そうほん)でなく木本(もくほん)なので単純に枯れにくいという点が挙げられます。それ以上に盆栽園など専門的に盆栽を生育させているところから購入すると簡単な育て方を一緒に届けてくれたりします。また、必要な肥料なども同時に購入することができますし「栽培キット」などきちんと必要なものがセットされた状態で購入できます。ていねいに栽培されてきた盆栽なら日本の風土に適合する強さを始めから持ち合わせているのです。

お手入れ簡単なら苔玉がおすすめ

キッチンや窓辺など、いつも見える場所で手が届くところに置ける苔玉がおすすめです。すぐに手が届くという点がお手入れ簡単につながります。苔玉は盆栽を土に植え、その上から苔をかぶせてできています。見た目は緑色でふわふわ、触ってもふんわりしていて癒されますね。可愛らしいお盆や色絵付けの鉢に植えこんであるものならインテリアのワンポイントにもなります。お手入れは2日から3日に1度お水をやるだけの驚くほど手軽なものです。時々は苔玉ごと洗面器の水に沈めてあげると元気をキープできます。耐寒性の高いヤブコウジならあまり日が差し込まない部屋の中でも育ちますし時期が来ると真っ赤な実をぶら下げてとても可愛らしい姿を見ることができます。長寿梅を窓辺に置けば年に数回開花を見られますし、たわわに実をつけるピラカンサも育てやすい種類です。

父の日に「趣味」をプレゼント

忙しいだけのお父さんにはぜひ趣味を持ってほしいもの。盆栽は子供を育てることと似ていて、一つの作品を長い年月かけて作っていくのです。お父さんいぴったりなのは「男松」の別名を持つ「五葉松」です。ミニ盆栽なら年数は浅いですが、5年以上生育したものならお父さんにも喜んでもらえるような立派な五葉松です。5年ぐらいの生育期間のものならばある程度できあがりの盆栽なのでお手入れも楽ちんです。通信販売で購入するとラッピングやメッセージカードもつきますし、基本的な育て方や肥料を1年分サービスしてくれる店舗もあります。

母の日には「美しい花」を贈る

もしもお母さんが専業主婦だったら、年に何度も花の時期を迎える長寿梅が喜ばれるでしょう。来る日も来る日も家族のために忙しくしているお母さんに季節ごとの楽しみをプレゼントしませんか?長寿梅は四季咲きで縁起が良い盆栽です。窓辺に置けば小さい樹なのに野にある大木のような雰囲気を持っています。お手入れも簡単ですし、葉が落ちてもすぐに次の芽を出す育てやすさも忙しいお母さんの味方です。ハサミとピンセットなどの道具付きで送るときっと喜ばれますよ!