大正時代から盆栽文化が根付いている盆栽町

明治時代、東京都文京区千駄木エリアで活躍していた盆栽職人たちが、関東大震災を機に移動してきたことから誕生したのが、埼玉県さいたま市にあるの盆栽町です。盆栽町には観光スポットとしても人気の「盆栽美術館」があるほか、盆栽販売を行っていいる盆栽園が5つあります。盆栽町の盆栽園は、希少性が高い名品盆栽が販売されていることで有名です。全国各地から盆栽愛好家が集まる盆栽町の盆栽園についてご紹介します。

盆栽町の盆栽販売①:九霞園

さいたま市伝統産業事業所の指定を受けている、由緒ある盆栽園です。かつては吉田茂元首相など、政界の要人や皇族・秩父宮家などの盆栽の管理・育成も担ったことがあるとのこと。盆栽関連用具の開発にも携わっており、盆栽手入れ道具のパイオニアでもある昌国との共同開発による道具が販売されています。本格志向の愛好家にはたまらない盆栽園です。

店舗情報
さいたま市北区盆栽町131
Tel:048-663-0423
詳細は公式ホームページをご確認ください。

盆栽町の盆栽販売②:藤樹園

1966年に盆栽町の中でいち早く盆栽教室を開催した、盆栽初心者にも親しみやすい盆栽園です。現在では150名以上の会員が毎週、藤樹園まで通っています。なんと県外から通う人もいるのだとか。職人の盆栽への姿勢を学ぶのにぴったりの盆栽園です。販売する盆栽も、初心者でも育てやすい小品盆栽や定番人気の五葉松などが中心となっています。

店舗情報
さいたま市北区盆栽町247
Tel:048-663-3899

盆栽町の盆栽販売③:蔓青園

大宮盆栽村ができた1925年からある、盆栽園です。現代の園主は5代目になります。盆栽初心者に人気の小品盆栽から、中品盆栽、さらには上級者にはたまらない1000年を超える樹齢の名品盆栽など幅広く扱っています。このほか、創作盆栽も得意です。また、現代数寄屋を使った展示空間では、美術盆栽や水石などの鑑賞も可能。盆栽を育てる楽しさ、見る楽しさどちらも満喫できます。

店舗情報
さいたま市北区盆栽町285
Tel:048-663-2636

盆栽町の盆栽販売④:芙蓉園

一般社団法人日本盆栽協会・理事長を務めた経験を持つ園主による盆栽園です。とにかく自然が好きという園主が作り上げる盆栽園には、ところ狭しと雑木盆栽が並んでいます。盆栽村では昔から「雑木の芙蓉園・寄せ植えの芙蓉園」と語り継がれているのだそうです。

店舗情報
さいたま市北区盆栽町96
Tel:048-666-2400

盆栽町の盆栽販売⑤:清香園

雑誌やテレビなどさまざまなメディアで取り上げられている盆栽園です。絵画に負けない美術的価値の高い盆栽をテーマに、初心者にも育てやすいミニ盆栽や、伝統盆栽である「彩花盆栽」を販売しています。清香園の盆栽園だけでなく、日本橋三越店やオンライショップでも購入可能です。

盆栽販売のほかにも、盆栽教室や盆栽のレンタルやリースといったサービスも行っています。盆栽教室は初心者も大歓迎なので、興味を持った人は通ってみるのも良いですね。

店舗情報
さいたま市北区盆栽町268
Tel:048-663-3931
詳細は公式ホームページをご確認ください。