西日本で最大級と呼ばれている盆栽展は、福岡県久留米市内にある百年公園で年に一度開催される「日本盆栽青樹展」です。

西日本最大級の盆栽展と呼ばれている「日本盆栽青樹展」

福岡県久留米市では、毎年12月の初めに西日本最大級と呼ばれている「日本盆栽青樹展」が開催されます。

この盆栽展は規模も西日本最大級と呼ばれているので技術的にレベルが高く、良い樹形や樹木の盆栽作品が多数出展されている盆栽展です。また、この盆栽展に出展されている盆栽の樹種も多いので、異なった数多くの樹種の盆栽作品を観覧することができます。

この盆栽展に展示されている盆栽作品は、展示されている作品によっては正面だけでなく左右の方向からも盆栽を観覧することができるので盆栽愛好家にとっては、色々な盆栽技術を学ぶことができる盆栽展です。また、この盆栽展の関係者や来場している盆栽愛好家は気軽に質問にも対応してくれるので、盆栽展で有意義な時間を過ごすことができます。

この盆栽展に出展されている盆栽には大型や中型の盆栽、小品盆栽、創作盆栽、水石盆栽、文人盆栽など種類も多くあり、全国各地から応募された盆栽作品100点余りも展示されています。また、この盆栽展に展示されている盆栽作品の中には、自分で仕立てたものや先代から2代に渡って育てられている盆栽作品も多数あります。そのため展示されている盆栽の所有者にお話を聞く機会に恵まれると、展示されている盆栽作品一つ一つの美しさや魅力だけでなく展示されている盆栽作品の背景や歴史などのプロフィールにも触れることも出来ます。

また、この盆栽展に展示されている作品は盆栽だけでなく、盆栽の展示の仕方の参考となる掛け軸や飾り棚なども一緒に展示されている作品もあるので、盆栽愛好家の作品に対する思いや樹木の歴史も一緒に触れることができます。

この盆栽展に出品されている盆栽作品の中で最優秀賞作品には、内閣総理大臣賞、他には農林産業大臣賞、文部科学大臣賞、福岡県知事賞、福岡議会議長賞、久留米市市長賞などの賞が贈られます。また、この盆栽展が開催されている会場内にある売店には、盆栽、苗木、道具、盆器や盆栽鉢なども販売されています。さらに毎年先着数限定の山野草などのプレゼントも用意されている盆栽展です。

「日本盆栽青樹展」が開催される久留米の百年公園

この盆栽展の会場となる百年公園は、久留米市の市制100周年記念として造られた公園です。この公園内にはつつじが植えられているつつじ園などもあります。

「日本盆栽青樹展」の会場となる「久留米百年公園リサーチビル」までは、公共の交通機関を使って行くことができます。久留米市内を走っている西鉄天神大牟田線の「久留米」駅から西鉄バスの「ひめタウン久留米」、「土木事務所前」、「田主丸駅」行きのいづれかのバスに乗車して「百年公園前」のバス停で下車すると、盆栽展会場はすぐそばです。また、車では、九州自動車道の久留米インターを降り、210号線を西の方向に進んで久留米市街へ向かって10分位です。

西日本最大級と呼ばれている「日本盆栽青樹盆栽展」は、素晴らしい盆栽作品が出展されているだけでなく、初めて盆栽展を訪れる人でも楽しみながら観覧できるおすすめの盆栽展です。