東北の青森県、岩手県、宮城県の3県で開催される春季の盆栽展は、松柏、雑木、皐月や小品盆栽だけでなく、山野草も含めた盆栽展も開催されます。

本州最北の青森県と岩手県で開催される春季の盆栽展

青森県と岩手県に春が訪れ始めると、盆栽展が2つの県内で開催されます。青森県内では「春季盆栽展」と「八戸盆栽クラブ皐月展」、岩手県内では「芳樹展」と「「みちのく緑風展」の盆栽展が開催されます。

青森県内で開催される「回春季盆栽展」は、一般社団法人日本盆栽協会弘前支部の主催により開催される盆栽展です。また、地元の八戸盆栽クラブ主催により開催される「八戸盆栽クラブ皐月展」は皐月の盆栽展です。

岩手県で開催される盆栽展は、盛岡市を中心に開催される盆栽展は、「芳樹展」と「「みちのく緑風展」です。「芳樹展」は、矢巾町の芸術文化協会主催により、松柏盆栽や雑木類盆栽を中心とした盆栽作品の出品数も50席位ある大きな盆栽です。また、「みちのく緑風展」は、岩手県内にある7つの盆栽団体が加盟している岩手盆栽会主催による盆栽展なので、色々な盆栽愛好家との交流も楽しむことができる盆栽展です。

宮城県で開催される盆栽展、水石展、小品盆栽展

宮城県内で開催される主な盆栽展は、山野草の作品も一緒に展示される盆栽展、小品盆栽展、盆栽・山野草と水石展、そして皐月の盆栽展です。

「春の山野草と盆栽展」は、仙台市内の南光台園愛好会と岩沼市内の一般社団法人日本盆栽協会岩沼支部によってそれぞれ春季に開催される盆栽展です。この2つの市で開催されるこの盆栽展は春を感じさせてくれる山野草も一緒に展示されているので、仙台の遅い春を満喫できる盆栽展です。

「春の小品盆栽展」と「春の展示会」は、それぞれ日本小品盆栽協会仙台支部と台小品盆栽会主催によるによる恒例の春季の盆栽展です。「春の小品盆栽展」は2017年で第80回目の開催迎え、仙台小品盆栽会主催による「春の展示会」は、歴史も古く、2017年で95回目を迎えます。盆栽展会場では、盆栽の即売会、無料の盆栽相談、実技指導なども行われます。

一般社団法人日本盆栽協会仙台支部、仙台青葉支部、鹿沼さつき会青葉支部の3団体の主催による「春の盆栽展」は、仙台市内で開催される盆栽展です。例年6月の初め頃に開催され、展示会場では盆栽の即売会なども行われています。また、仙南盆栽愛好家主催により「春季盆栽展」も同じ時期に開催されますが、この盆栽展の歴史も古く、2017年で第32回目の展示会となります。また、同じ仙台市内で例年6月の初めに開催される一般社団法人日本皐月協会仙台支部主催の「花季さつき展」は、仙台で一番遅く開催される春の盆栽展です。

「盆栽・山野草と水石展」は、県内でも最南端に位置している伊具郡丸森町主催により開催される盆栽展です。例年、この盆栽展の展示会場は、町内にある「蔵の郷土館・齋理屋敷大広間」を使用して開催されるので、盆栽の持っている魅力と風情が引き立っています。

東北の青森、岩手、宮城の3県で開催される春の盆栽展は、山野草の作品も出品されている盆栽展が多数あるので盆栽展会場に足を運ぶと、東北の春を盆栽と一緒に楽しむことができます。