松の盆栽の生産が日本一である四国の香川県高松市で開催される秋の盆栽まつりは、「きなし(鬼無)盆栽植木まつり」と「グリーンフェスタ国分寺・讃岐国分寺盆栽祭」の2つです。この2つの盆栽祭りは、毎年10月の終わり頃に高松市内にある「鬼無」と「国分寺」の2つの地区で開催されます。

鬼無地区で開催される秋の「きなし盆栽植木まつり」

「きなし盆栽植木まつり」は、高松市の鬼無地区で開催される秋の盆栽まつりのです。この盆栽植木祭りは、毎年10月の終わりから11月の初めにかけての3日間に開催されます。

この盆栽植木祭りが開催される会場は、最寄りのJR鬼無駅から歩いて15分くらいのところにある「香川県鬼無植木盆栽センター」です。この盆栽植木祭りの会場内では、植木、盆栽、草花の展示即売会、盆栽の銘品作品の展示会、オークション、盆栽の診断コーナー、盆栽教室、盆栽の針金掛けや山野草の寄せ植え体験コーナーなど、様々な盆栽関連のイベントが開催されます。また、この会場内には、香川県特産の讃岐うどんのコーナーも開設されるので盆栽愛好家だけでなく、家族で来場しても楽しむことができる盆栽植木祭りです。

「日本一の秋の盆栽祭り」と称されている「グリーンフェスタ国分寺・讃岐国分寺盆栽祭」

盆栽愛好家や地元から「日本一の秋の盆栽祭り」と称されている「グリーンフェスタ国分寺・讃岐国分寺盆栽祭」は、高松市国分寺町新名にある橘ノ丘総合運土公園内で開催されます。この盆栽祭りは、地元の盆栽園が中心となって開催される盆栽の秋まつりです。また、この盆栽祭りには、毎年、国内だけでなく海外からも多くの盆栽愛好家が訪れています。

この「グリーンフェスタ国分寺・讃岐国分寺盆栽祭」が開催される国分寺地区は、高松市の西部に位置しています。この地区で盆栽づくりが盛んになったのは、江戸時代からです。当時、この地区の盆栽愛好家が、近隣の野山に自生している松を掘ってきて鉢に植えて盆栽に仕立てたことが、松の盆栽の生産地としての原点となっています。

この盆栽祭りの会場には地元の盆栽園による盆栽市も開催されているので、専門家のアドバイスを聞きながら盆栽の苗木を選ぶことができます。また、この盆栽祭りの会場内にある盆栽展示コーナーでは、地元の盆栽園や愛好家が手塩にかけて育てた銘品の盆栽作品が展示されています。この展示コーナーに出展されている優秀な盆栽作品には、各賞も贈られます。

この盆栽祭りの子供向けのイベントとして、地元の子供たちによる子供みこし奉納、親子お宝さがし、オークション、苔玉教室、盆栽なんでも相談コーナーなどがあり、どのイベントプログラムも盆栽に関連しているので、家族で楽しむことができるイベントです。特に盆栽なんでも相談コーナーは人気があるので、大勢の盆栽愛好家や盆栽を趣味としている人達で賑わっています。

この「グリーンフェスタ国分寺・讃岐国分寺盆栽祭」は、日本一の秋の盆栽祭と称されているだけあって、盆栽に興味のない人でも「盆栽」に親しみを持つことができ、楽しむことができる盆栽祭です。

香川県高松市内で開催される「きなし盆栽植木まつり」と「グリーンフェスタ国分寺・讃岐国分寺盆栽祭」の2つの秋の盆栽祭りは、盆栽生産者や専門家からアドバイス受けながら自分の好みの盆栽を購入したり、盆栽の剪定などを体験したりすることができる参加型の盆栽祭りです。