盆栽の通販ショップは初心者も安心のサービスが充実!

盆栽に限らず、フラワーギフトや観葉植物など、植物を通販で買うときは、誰もが多少は不安になるものです。「写真と全然違うものが来たらどうしよう」「すぐに枯れてしまうような弱々しいものが来たらどうしよう」

なかでも、こまめな仕立てや手入れが必要な盆栽は不安になるのではないでしょうか。初心者ならあれこれと木になって当然です。しかし盆栽の通販ショップの中には、そんな盆栽初心者の気持ちに寄り添った安心のサービスが充実しているお店もたくさんあります。ここでは特におすすめの通販ショップをピックアップしてご紹介します。

30日間返品OK!の通販ショップ:盆栽専門店 盆栽妙

盆栽妙は盆栽専門の通販ショップとして、特にサービスが充実したお店です。なかでも初心者向けのサービスが数多くあり、ショップページに行けば初心者のサポートページとして「盆栽の基本的な育て方」や「月ごとに必要な作業」などが詳しく書かれています。

さらに盆栽初心者向けの盆栽作りキットも販売。これを買えば、鉢や用土から針金といった道具まで、盆栽に必要なものはすべて手に入ります。盆栽の種類はミニ盆栽から、花もの盆栽、寄せ植え、草ものなどさまざま。30日間であれば、どんな理由であっても返品することができます。イメージと違ったという場合も通販ショップへ返せるサービスは、不安だらけの初心者にはありがたいかもしれませんね。詳細は公式ホームページをご確認ください。

盆栽初心者にギフトで送るなら:モダン盆栽 中村屋

中村屋の盆栽は、これまで盆栽になじみがなかった人でも受け入れやすいモダンなデザインが特徴です。特にギフトとして盆栽を贈るときのサービスが充実しているので、敬老の日などに盆栽初心者の祖父母へのプレゼント選びにおすすめです。

中村屋の盆栽は、ミニ盆栽か中サイズ、あるいは苔盆栽の3種類。初心者の場合は「初心者向け・育てやすい盆栽」のコーナーから選ぶとよいでしょう。盆栽の手入れに必要な盆栽はさみや土入れなども扱っており、しかも盆栽と一緒にギフトラッピングしてくれます。盆栽初心者の方へ必要なものをすべてまとめてギフトとして贈れるので、相手も道具をそろえる手間が省けて便利ですね。さらに盆栽を彩る和雑貨も扱っています。リスや鹿、鷺などをモチーフにした盆栽の添える置物は、ほかではなかなか手に入らないアイテムです。

詳細は楽天市場の公式ホームページをご確認ください。

上級者になっても愛用できる通販ショップ:盆栽市場

盆栽市場は宮内庁御用達大樹園門下の盆栽作家の方が店長を務めている通販ショップです。その豊富な経験から初心者向けから上級者向けまで、幅広い盆栽を扱っています。

手軽に始められるミニ盆栽や苔玉はモダンなデザインも豊富。インテリアとしても楽しめそうです。そして上級者には20万円以上する高級盆栽も。ショップ内を見ているだけでもワクワクしてきます。

こちらで購入すれば、それぞれの盆栽に合わせた説明書がついてきます。個体差を考慮して書かれているので、初心者でも安心です。また、10日以内であれば返品も受け付けています。詳細は公式ホームページをご確認ください。

盆栽初心者は、盆栽の日常管理の基礎を知ろう!

盆栽の植物は、鉢の中という限られた環境の中で生きなければなりません。そのため、人の手でどれだけ盆栽に適した環境を作ってあげられるかが大切になります。

盆栽の日常管理で要になるのが、下記の3つです。

1)盆栽の置き場所
2)盆栽の水やり
3)盆栽にあげる肥料

盆栽は美しさを楽しむものですが、こうした基本の育て方を知らずに美しさを楽しむことはできません。

ここでは盆栽初心者がまず最初に知っておきたい、こうした育て方の基本を解説していきます。

盆栽の育て方:盆栽の置き場所の基本を知ろう

盆栽には、気候適した置き場所があります。
育て方の基本として知っておきましょう。
■盆栽の置き場所:春や秋
比較的過ごしやすい気候がつづく春や秋。
盆栽は、日中は室内に飾っておきます。ただし1日中室内に置いておくのはおすすめできません。といいますのも、適度に外に出すことが風にも強い丈夫な木をつくることや、病害虫発生の予防につながるからです。

そこで春と秋は、夜になったら盆栽を戸外に出すようにしましょう。
■盆栽の置き場所:夏
夏の強い日差しを長時間受けると、植物も夏バテを起こします。直射日光を避けるためには、半日陰の環境を作ってあげましょう。

ベランダがある家はベランダに置くのがおすすめです。下にすのこや人工芝を敷いて、コンクリートに直接置くことは避けましょう。

ベランダがない場合は専用の棚を作ってあげてください。日よけとして、棚の上によしずなどを張っておきましょう。
■盆栽の置き場所:冬
寒い時期の盆栽は休眠していることが多いです。北風が当たらないよう、軒下においてあげましょう。ただし、寒さに弱い盆栽(ミニ盆栽、柑橘類など)や寒い地域に住んでいる人は、保護室で育てるようにしてください。

盆栽の育て方:水やりの基本を知ろう

盆栽への水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりあげるというのが基本です。土が乾かないうちからどんどん水やりしてしまうと、根腐りの原因になってしまいます。
■盆栽の水やり:夏
夏や気温や日差しの関係で、水やりを行う回数が必然的に増えるでしょう。中でも欠かせないタイミングは、夕方になります。

夕方の水やりは葉水という方法がおすすめです。葉水とは、霧状の水を葉や枝、幹にかける方法となります。
■盆栽の水やり:冬
冬の水やりは、暖かい午前中に行いましょう。そして夕方にもう一度様子を確認し、鉢の中に水が滞っていないか確認してください。

冬は、知らず知らずのうちに土が乾燥しているケースが多いです。葉が茂っている季節は葉の様子でも水切れが分かるのですが、冬はこうした盆栽からのSOSに気づきにくいことがあります。

盆栽の育て方:肥料の基本を知ろう

盆栽の育て方のなかでも、肥料のやり方はとくに難しいとされています。肥料をあげるタイミングや、ただしい肥料の上げ方きちんと知ることが大切です。
■盆栽の肥料:タイミング
盆栽の肥料は、少量を何回にも分けてあげるのが原則です。肥料を上げるタイミングは、樹種によって多少異なりますが、活動期に入る3~5月と、冬に向けて養分を蓄える9~10月が一般的な時期となります。
■盆栽の肥料:あげ方の基本
盆栽に肥料をあげる際には、事前に水を上げて土を湿らせておきましょう。

置き肥えを使う場合は、鉢のふちに置き、次に置き肥えを施すときには前回と違う場所に置くようにします。

液肥の場合は、油粕に骨粉と魚粉を混ぜて10倍の水で溶かし、密封します。そして使用時にうわずみ液をすくい取り、10倍の水で薄めて使用してください。

藤の最大の魅力は花です。藤色の濃淡やピンク・白など、長くカーテンのように揺れる花は見ただけでも美しくその甘い香りも楽しみのひとつです。毎年ゴールデンウィークごろ各地の藤棚の様子がメディアに載りますね。風に揺れる美しい花を自宅で育ててみませんか?藤は日陰にも強く剪定さえ間違わなければ初心者でもカンタンな管理で豪華な盆栽に育てることができます。

部屋の中でも育てられる藤盆栽

藤は半日陰で育つので部屋の中で育てて鑑賞するのにもってこいの盆栽です。もちろん日当たりが良ければいうことはありません。室外で育てるとなると、夏の強烈な西日は葉焼けや水切れを起こします。梅雨明け以降夏季には日よけをしてやった方が良いですし、冬には寒風が当たらないようにしてやることになります。そんなもろもろの事情を考えても、室内で育てた方が管理がしやすい樹種ですね。

灌水と肥料

藤は水と肥料を好みます。特に夏場は水切れに注意してやらないといけません。6月から7月あたりは花芽ができる時期なので、鉢土が乾いてから水をやるようにしましょう。春から梅雨時までは1日1回ぐらい、夏は朝晩の2回で冬は2日から3日に1回が目安です。鉢土の表が乾いたら、鉢底から抜けるまでたっぷりかけましょう。冬場の水切れは花が咲かなくなる原因になります。

肥料は開花中には与えませんが、他の時期はチッソ分を控えた肥料を与えます。梅雨時から夏以外には有機肥料を置き肥すると良いでしょう。室内管理の場合は有機肥料では臭いやカビが気になることもあります。液体肥料を水で薄めて与えても良いですね。花芽ができる6月から7月の肥料は少なめにしましょう。

藤盆栽剪定の時期と方法

11月ごろ落葉したら剪定です。藤を盆栽として作る場合はなるべく短めに剪定しますが、枝数を増やす場合は今年伸びた枝の花芽を残して3芽ぐらいで切ります。この剪定は3月上旬あたりまでに済ませましょう。冬の剪定を早めにやってしまおう!と思うかもしれませんが、やめておいたほうがぶなんです。理由はもしも秋のお彼岸あたりに剪定すると樹が季節を間違えて狂い咲きすることがあります。かならず落葉後にするようにしましょうね。

6月には花が終わってはがどんどん伸びて風通しが悪くなってきます。葉を枝元から2本から3本程度切り取ってやると日差しも入り花芽の付きも良くなります。

植え替えは2年に1回

若い樹は砂を多めに配合すると成長が良くなります。樹を大きくしたい場合はその方が良いでしょう。落葉後か目が出る前の時期がよく、2月から3月初旬ぐらいが適しています。たくさん開花させるには根の成長を抑え気味にした方が良いです。なので、盆栽鉢はできるだけ小さめを心がけましょう。

花がら摘みをこまめに

花が終わると実(長くて薄っぺらなさやえんどうのようです)が付くため樹の養分や体力を奪われます。花後は葉が出るところを残して早めに切る方が良いでしょう。

5月ごろには芽摘みを

春に伸びてくる蔓(つる)は花がつきません。枝を増やすためには必要なので、春からの蔓は5芽出てきたら芽を1つだけ残して摘みましょう。若い蔓なので手で摘み切れます。こうして若い蔓を早い時期に摘むことで、節の詰まったスマートな樹形にすることが大切です。

生育が旺盛な藤はひこばえが良く出てきます。幹の太りが悪くなるので見つけ次第切り取るようにしましょう。新芽にアブラムシが付くことがありますが、ゴム手袋をして駆除するか殺虫剤を散布してあげましょう。

藤の最大の魅力は花です。藤色の濃淡やピンク・白など、長くカーテンのように揺れる花は見ただけでも美しくその甘い香りも楽しみのひとつです。毎年ゴールデンウィークごろ各地の藤棚の様子がメディアに載りますね。風に揺れる美しい花を自宅で育ててみませんか?藤は日陰にも強く剪定さえ間違わなければ初心者でもカンタンな管理で豪華な盆栽に育てることができます。

部屋の中でも育てられる藤盆栽

藤は半日陰で育つので部屋の中で育てて鑑賞するのにもってこいの盆栽です。もちろん日当たりが良ければいうことはありません。室外で育てるとなると、夏の強烈な西日は葉焼けや水切れを起こします。梅雨明け以降夏季には日よけをしてやった方が良いですし、冬には寒風が当たらないようにしてやることになります。そんなもろもろの事情を考えても、室内で育てた方が管理がしやすい樹種ですね。

灌水と肥料

藤は水と肥料を好みます。特に夏場は水切れに注意してやらないといけません。6月から7月あたりは花芽ができる時期なので、鉢土が乾いてから水をやるようにしましょう。春から梅雨時までは1日1回ぐらい、夏は朝晩の2回で冬は2日から3日に1回が目安です。鉢土の表が乾いたら、鉢底から抜けるまでたっぷりかけましょう。冬場の水切れは花が咲かなくなる原因になります。

肥料は開花中には与えませんが、他の時期はチッソ分を控えた肥料を与えます。梅雨時から夏以外には有機肥料を置き肥すると良いでしょう。室内管理の場合は有機肥料では臭いやカビが気になることもあります。液体肥料を水で薄めて与えても良いですね。花芽ができる6月から7月の肥料は少なめにしましょう。

藤盆栽剪定の時期と方法

11月ごろ落葉したら剪定です。藤を盆栽として作る場合はなるべく短めに剪定しますが、枝数を増やす場合は今年伸びた枝の花芽を残して3芽ぐらいで切ります。この剪定は3月上旬あたりまでに済ませましょう。冬の剪定を早めにやってしまおう!と思うかもしれませんが、やめておいたほうがぶなんです。理由はもしも秋のお彼岸あたりに剪定すると樹が季節を間違えて狂い咲きすることがあります。かならず落葉後にするようにしましょうね。

6月には花が終わってはがどんどん伸びて風通しが悪くなってきます。葉を枝元から2本から3本程度切り取ってやると日差しも入り花芽の付きも良くなります。

植え替えは2年に1回

若い樹は砂を多めに配合すると成長が良くなります。樹を大きくしたい場合はその方が良いでしょう。落葉後か目が出る前の時期がよく、2月から3月初旬ぐらいが適しています。たくさん開花させるには根の成長を抑え気味にした方が良いです。なので、盆栽鉢はできるだけ小さめを心がけましょう。

花がら摘みをこまめに

花が終わると実(長くて薄っぺらなさやえんどうのようです)が付くため樹の養分や体力を奪われます。花後は葉が出るところを残して早めに切る方が良いでしょう。

5月ごろには芽摘みを

春に伸びてくる蔓(つる)は花がつきません。枝を増やすためには必要なので、春からの蔓は5芽出てきたら芽を1つだけ残して摘みましょう。若い蔓なので手で摘み切れます。こうして若い蔓を早い時期に摘むことで、節の詰まったスマートな樹形にすることが大切です。

生育が旺盛な藤はひこばえが良く出てきます。幹の太りが悪くなるので見つけ次第切り取るようにしましょう。新芽にアブラムシが付くことがありますが、ゴム手袋をして駆除するか殺虫剤を散布してあげましょう。