さいたま市内ある「さいたま市大宮盆栽美術館」は、定期的に美術館内と盆栽庭園に盆栽の銘品が展示された盆栽展が開催されます。

盆栽美術館と盆栽庭園で開催される盆栽展

さいたま市大宮盆栽美術館では、館内にある盆栽美術館と盆栽庭園に所有している盆栽の銘品を展示する盆栽展が開催されます。

この盆栽美術館の一階にあるコレクションギャラリーは、盆栽文化の導入部であるプロローグ、盆栽が展示されているギャラリー、そして座敷飾りの3つの空間から構成されています。プロローグのコーナーには、盆栽に欠かすことができない盆器、水石、盆栽関係の歴史に関する資料が展示されています。この展示内容は毎月変わるで毎月この美術館を訪れると、日本に盆栽文化が発展してきた背景を理解することができます。盆栽が展示されているギャラリーでは5席、そして座敷飾りは3席、それぞれ季節に合わせた盆栽の銘品が週代わりに展示されます。

また、この盆栽美術館には屋外に盆栽の銘品が展示されている盆栽庭園があります。この盆栽庭園には、常に50席前後の盆栽の銘品が展示されています。屋内に展示されている盆栽とは異なり、屋外にある盆栽庭園に展示されている盆栽は、正面だけでなく360度の方向から盆栽を観賞することができます。この盆栽庭園に展示される五葉松の「千代の松」と呼ばれている銘品は、陽の当たり具合によっても異なった表情を観賞することができるように回転式の展示台の上に展示されているので、陽当たり時間によって異なる五葉松の表情の観賞を楽しむことができます。この盆栽美術館本館2階にある盆栽テラスからは、一般の盆栽展で展示されている位置からではなく、高い位置から盆栽を観賞することができるので、隠れた観賞スポットとして知られています。

この盆栽美術館には、その季節で一番美しい見所のある盆栽がロビーに展示されています。この展示されている盆栽は「季節のひと鉢」と呼ばれ、写真撮影もすることができます。盆栽庭園の東側にも季節的に見所となっている松柏類盆栽、花もの盆栽、雑木類盆栽、実もの盆栽などが展示されていますが、どれも写真撮影することが可能なので、おすすめの盆栽美術館と盆栽庭園です。

盆栽展が開催される世界初の「盆栽美術館」

さいたま市大宮盆栽美術館は、世界で初めて盆栽展が美術館内で開催される「盆栽美術館」です。この盆栽美術館は、盆栽が伝統産業として指定されているさいたま市が世界で初めて開館した盆栽の美術館です。また、この盆栽美術館は大宮盆栽村の近くにあるので、日本の盆栽文化の拠点としての一役も果たしています。

この盆栽美術館内には旧高木盆栽美術館のコレクションを中心とした盆栽の銘品、盆栽関係の備品、盆器や盆栽鉢、水石などが多数収集されているので、定期的にそれらのコレクションが公開される展覧会が開催されています。また、盆栽だけでなく盆栽が描かれている浮世絵や絵画、盆栽の歴史や民俗資料なども定期的に公開されています。

この盆栽美術館までの交通アクセスは、東武アーバンパークラインの「大宮公園駅」、あるいはJR宇都宮線の「土呂駅」から徒歩5~10分位です。この盆栽美術館までの生き方は、大宮盆栽村と同じなので、毎年5月の連休に開催される大宮盆栽村の「大盆栽まつり」を訪れた際はこの盆栽美術館にも立ち寄り、素晴らしい盆栽の銘品との出会いを楽しむことができます。

このさいたま市大宮盆栽栽美術館や館内にある美術庭園では、季節ごとに盆栽関係の展覧会や展示会が開催されます。近年は、この盆栽美術館では、盆栽愛好家や専門家だけでなく外国人や女性の来場者が増加しているので、盆栽に関係した様々な企画や展示会が開催されています。