日本の盆栽は海外でも人気があるので、海外の盆栽愛好家数も増加の一途を辿っています。そのため日本国内だけでなく海外でも「盆栽大会」や「盆栽展」が盛んに開催され、多くの盆栽愛好家が訪れています。しかしながら、「盆栽大会」と「盆栽展」の相違はご存知でしょうか?

「盆栽大会」とは?

「盆栽大会」は日本各地で開催されている盆栽展などとは規模が異なり、世界規模で開催される盆栽イベントです。

この盆栽大会は日本ではなく海外で誕生した盆栽展のスタイルです。この大会のスタイルは、盆栽展とイベントを一緒にした形式の大会です。最近、この盆栽大会は海外の盆栽愛好家の間でも人気がるので、盆栽愛好家によって主催される盆栽大会も世界各地で開催されています。

盆栽大会が盆栽展と異なる一番の相違点は、盆栽大会の開催目的が盆栽作品の展示や観賞が中心となっていないことです。盆栽大会は、盆栽作品の展示や観賞のみならず盆栽愛好家を中心としたイベントやプログラムが含まれています。そのため盆栽大会の開催期間中は、盆栽愛好家のための交流やネットワークの構築のためのイベントや盆栽愛好家の希望に沿った盆栽講習会など、盆栽愛好家が楽しむためのプログラムやイベントが沢山行われます。また、盆栽大会は、この大会イベントやプログラムを通して盆栽の普及、国内や海外の盆栽愛好家との国際交流や親善に大きく貢献しています。

「盆栽展」とは?

「盆栽展」は、古くから日本各地で開催されているので盆栽大会に比べて歴史も長いため、日本人には慣れ親しまれてきた盆栽の展示スタイルです。

「盆栽展」が盆栽大会と一番異なる点は、盆栽展の目的が昔から続けられてきている盆栽作品の展示と観賞を中心としている点です。そのため盆栽展には、盆栽作品の観賞を目的とした盆栽愛好家が多数盆栽展会場には訪れ、技術的にレベルの高い盆栽作品や銘品と呼ばれている素晴らしい盆栽作品も多数出展されています。また、盆栽展の一番の良い点は、盆栽大会のように沢山のイベントやプログラムなどは多くないですが、盆栽愛好家やプロの盆栽作家の作品を静かな環境の中で時間をかけてゆっくりと観賞できることです。

また、盆栽展は、規模の大小にかかわらず日本各地で開催されていることです。身近な地域や場所で開催される盆栽展では、盆栽の仕立て方、盆栽鉢の選び方、樹形の作り方など、多くの盆栽情報を得ることができます。盆栽展が身近な場所や地域で開催されているため他の来場者や盆栽愛好家との交流もしやすいので、盆栽のネットワークを広げることができる地域の盆栽交流の場としての役割も果たしていることです。また、盆栽展の多くは身近な場場所開催されているので、盆栽展の会場までの交通アクセスも良くで来場しやすいです。さらに、盆栽大会と比べて盆栽展は開催組織や規模も小さいので盆栽展の入場料も無料、もしくは低料金で入場できることです。

「盆栽大会」と「盆栽展」は、それぞれ主催目的と規模は異なりますが、両方とも盆栽が主役のイベントです。それぞれの相違点を理解して、国内外で開催される盆栽展と盆栽大会の会場を訪れて、盆栽の銘品に触れたり、様々な盆栽イベントに参加したり、盆栽の交流を広げたりしてみませんか。