盆栽を作っていると「鉢映り」を考えるようになり鉢にも興味が出てきます。
家庭にある器を利用した鉢作りと粘土から作り上げる鉢の作成方法について学びます。

湯のみやぐいのみを利用した盆栽鉢

家庭にある器の底に上手に穴を開けることができれば、簡単に盆栽鉢として利用することができます。
穴開けを成功させるには薄作りで焼かれた器を選び、釉薬をかけて焼いたものより素焼きのほうがひび割れも少ないです。
ですが釉薬のかかり方やどのような温度で焼かれた器かによって、ひび割れの仕方も様々なので、まずは割れても惜しくないもので、試してみることをおすすめします。
また器の底には丸い縁(高台)がついており、器を置いたときに底の中心が地面に直接つかないものを選ぶ必要があります。
縁によって器の底が上がっていないと、せっかく穴を開けても水の出口を塞ぐことになるからです。

ぐいのみ鉢の作りで必要な道具と作成法

・用意する道具
金づち・センターポンチ・バケツ・砂・棒状やすり
・穴の開け方
砂が半分以上入ったバケツを用意し、その中へ穴を開けたい器を逆さまにして入れ、鉢底表面だけが砂の上に見えている状態にします。
このとき大事なのは裏返しになった器の中に、砂がいっぱいに入っていることです。

穴を開けたい部分にセンターポンチの先を当て、センターポンチのおしりを金づちで軽く数回打ち付けます。
薄作りのものは一回で、少し厚めのものでも数回打ち付けると穴は開きます。
力をかけ過ぎると割れてしまうので慎重におこないましょう。
穴が小さく開いたら、そこをきっかけにしてセンターポンチの先端をずらしながら穴を広げていくといいです。

穴が開いたら鉢底にある縁にやすりを当て、水の抜け道を作ります。
2か所ほど谷を作れば出来上がりです。

この方法でサザエの貝殻に穴を開けると一風変わった盆栽鉢を作ることもできます。

盆栽鉢を粘土から自作する

自宅のオーブンで焼成できるオーブン粘土を利用すれば、鉢作りを形成から楽しむことができます。
低温度硬化型粘土のことをオーブン粘土といい、190度以下の温度で焼き上げることができるので、電子レンジのオーブン機能を使って簡単に器作りができます。

粘土による鉢作りで必要な道具と作成法

・用意する道具
オーブン粘土・はし・かきべら(粘土を削るときに使う道具で、金属でできたへら部分には様々な形がありますが、楕円形の形をしたものが鉢作りには使いやすいです)

・作り方
まずは粘土をよく練り、イメージした鉢の形を作ります。
その後、かきべらを使って鉢の内側を削り出し、外側の形も整えるようにしていきます。
鉢壁や鉢底が均等な薄さになるように削るのが大切で、この作業を丁寧におこなうことで焼き上がりに違いが出てきます。
全体を削り終えたら鉢底に穴を開けます。
鉢穴は真ん中に1つ開けることが多いのですが、中心から離れたところに3つほど開けると水はけがいい鉢になります。
最後に鉢の底に足部分である高台を作ります。
小さく丸めた粘土をいくつか底の縁につけて、水の流れ出る道を確保しましょう。

成形が終わったら完全に乾燥させることがポイントです。
乾燥が不十分だと焼いたときにひび割れを起こしてしまうので、5~7日ほど風通しのよい日陰に置き十分に乾かします。
全体が白っぽく変わってきたら、乾燥が終わった証拠なので焼成の準備を始めます。
焼く温度は粘土の種類によって多少違いはありますが、低めの温度で長時間焼くほど丈夫なものになります。