美しい化粧砂は盆栽の幹や葉の緑によく映え、観賞上の価値を上げるものでありながら木の生長にも適した砂です。
化粧砂についての種類や入手方法と盆栽作りに便利な回転台について学びます。

盆栽を化粧する川砂の種類と特徴

天神川砂
水はけの優れた砂を盆栽に使うことは多いですが、砂には機能の高さだけではない観賞するにふさわしい魅力もあります。
有名なものでは天神川砂があり、灰白色に様々な色合い粒子が混じり全体の色調が素晴らしいです。
兵庫県の天神川から産出されるのですが、小さな川であるため採取には制限があり貴重なものとなっています。

鞍馬砂
川から産出される砂で、薄い黄茶色を主体とした色調の中に光を反射する粒子が混じっています。
全体的に気品のある落ち着いた雰囲気が盆栽によく合い、水に濡らすと濃い色に変化して木の葉の色とのバランスがより良くなります。

ただし、川での採種に制限が出ていて入手が難しくなってきている砂です。
代わりに鞍馬砂の特徴と似ている石川県産の能登砂が多く出回るようになってきています。

盆栽を化粧する火山砂の特徴

富士砂
富士山の火山灰を加工することで作られる砂で、通気性や水はけに優れながらも保水性も十分です。
赤褐色と黒の2色がありますが黒の深い色合いは素晴らしく、モダンな化粧砂として使う人は多いです。

寒水砂
茨城県常陸太田市真弓山付近から採取される石を細かく砕いたものです。
大きな塊では灰色、白、緑灰色の縞模様になっている場合が多いですが、細かく加工された状態では真っ白いイメージがあります。
弱アルカリ性で、盆栽のほかに山野草の寄せ植えに使用したり、葉の緑色とのコントラストを楽しむ鉢に仕上げるのに適しています。

桐生砂
群馬県の桐生地方の山から産出される茶色の砂です。
適当な硬さがあり水もち、水はけ、通気性のバランスの取れた砂です。
通常は赤玉土と混ぜて植え替え用の土として使うことが多いですが、化粧土として使えば木の美しさを引き立てます。

盆栽用の化粧砂の入手方法

木の植え替えに使う盆栽用土のように、ホームセンターで簡単に手に入れることが難しいのが化粧砂です。
盆栽が盛んな埼玉での販売は多いようですが、ほかの地域でしたらインターネットを利用した方が賢明です。
ですが、盆栽用土としてではなく、野生蘭用の園芸土として売られてることがあるので一度販売店に尋ねてみるのもいいでしょう。

盆栽の土の植え替え時に便利な回転台

土の入れ替えや木の剪定作業のときに回転台を用いると作業効率が上がります。
盆栽は様々な角度から木を眺めることが必要なので、盆栽が日本に親しまれるようなったときから便利な道具として使われています。

盆栽用回転台の選び方

回転台は盆栽を載せる天板、脚部とその間にあるベアリングで作られています。
盆栽の大きさによっては、重量の大きなものを載せることになりますので、天板の材質や厚さ、脚部の質と丈夫さを基準に選ぶといいでしょう。
扱う盆栽が小さなものでしたら、天板の小さなものを選んだ方が小回りが利くのでおすすめです。
また、天板の角度が変えられるものも市販されていて、細かい作業をするときに便利なので、購入を考える際には選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
使っているうちに金属部分にさびが出てきたら防さび剤を塗り、ベアリングからきしむ様な音が出るようになったらグリスを補給するといいです。