様々な植物を植え付けする寄せ植えの盆栽は、見栄えもよく、盆栽らしい作品に仕上がります。

初心者でもできる盆栽の寄せ植えの作り方を学びましょう。

寄せ植えの盆栽のルール

寄せ植えの盆栽を作るにあたって、最初に一番見せたい主役の苗を決めましょう。その苗を中心に、バランスよく飾り付けていきます。

高木の苗を使うと、足元が寂しいですよね。その場合は、アクセントとして、低木を足元に植えましょう。

自然の風景を考えながら作り上げると、1つの風景を切り取ったかのような盆栽に仕上がります。

また、寄せ植えは大きめの鉢を使うため、苔、化粧砂などのバランスも大事です。

寄せ植え盆栽

寄せ植えの盆栽の材料

  • ヤマコウバシの苗
  • ニシベツコケモモの苗
  • アラハシラガゴケ
  • 平鉢(直径20cm程度)
  • 鞍馬砂
  • 用土(赤玉土3:富士砂1:ケト土1)
  • 鉢底石(富士砂の中粒)

寄せ植えの盆栽の作り方

①鉢を準備しましょう。

  1. 鉢底ネットをアルミ線で、鉢の底にしっかり固定しましょう。
  2. 鉢底石である富士砂を鉢底が隠れる程度まで流し込みましょう。
  3. 土入れを使って、用土を鉢底石が隠れる程度まで流し込みましょう。

②苗を準備しましょう。

  1. 苗のポットからヤマコウバシの苗を取り出しましょう。割り箸を用いながら、根を少しずつほぐしていきます。古い土をそっと取り除いていきましょう。ピンセットを用いても便利です。
  2. 根がある程度ほぐれたら、根をたらいに張った水に入れて、指でそっとほぐして洗いましょう。古い用土はなるべく綺麗に取り除きましょう。そうすることで、新しい用土に馴染みやすくなります。
  3. 洗い終えたら、キッチンペーパーなどで優しく挟み込み、軽く押さえながら水分を拭き取りましょう。
  4. 次にコケモモの苗の根を洗います。コケモモの根は、柔らかいため、丁寧に扱います。最初からたらいに張った水に浸けながら、指で優しくほぐして古い土を落としていきます。
  5. コケモモ根を洗い終わったら、キッチンペーパーなどでそっと水分を拭き取っていきましょう。

③植え付けを行いましょう。

  1. 今回はヤマコウバシを主木とします。幹面を意識して、苗の配置や向きを色々考えましょう。他の苗での寄せ植えの場合も、大きい方の苗を主木とした方がバランスのよい盆栽の作品に仕上がります。
  2. イメージが固まったら、ヤマコウバシの根元あたりにコケモモを植えます。コケモモはなるべく寄せて植えるとよいでしょう。
  3. 苗の形が崩れないように固定しながら、土を入れていきます。少しずつ土を足して、割り箸で根元に土がいくようにします。
  4. 根の隙間に綺麗に土が入ったら、土の表面に霧吹きを吹きかけましょう。霧吹きを吹きかけることで、苔を張りやすくします。また、指で優しく、土の表面を平らにならしましょう。

④苔を張りましょう。

  1. 苔は裏側の古い苔を適度に指で除きます。そして、鉢より一回り大きめの苔を半分ぐらいまで割ります。
  2. コケモモの下に入るように苔を張っていきます。ヤマコウバシとのバランスを気にしながらコケモモを整えつつ、張りつけましょう。
  3. 鉢から飛び出た苔の箸を、割り箸で押し込むように入れていきます。
  4. 全体のバランスを見ながら、苔の張り付けを追加しましょう。

⑤化粧砂を敷きましょう。

  1. 土入れで土の表面に化粧砂を敷いていきます。苔にはかけないよう注意しましょう。
  2. 水を含ませると化粧砂の見た目の容量が減るので、少し多めに入れておきます。
  3. 霧吹きで丁寧に水を吹き付けて、指で表面をならしていきます。あまり化粧砂を敷きすぎると、鉢から砂があふれるので、鉢の端より2~3cm下ぐらいまで化粧砂を入れるとよいです。これにて完成です。